One Concernのプラットフォームは、ユーザーが災害時の意思決定を行えるよう、災害発生時における適切かつ迅速な対応を支援します。
One Concernを選ぶ理由
One Concernの製品を活用して可能になること
Created with Sketch.
自然災害が及ぼす影響を予測・対応
Created with Sketch.
現実的なシナリオでトレーニングを行い、共同計画を作成し、緊急事態に向けて準備
Created with Sketch.
基幹インフラのマルチハザード分析を行い、連鎖的な影響を深く理解
Created with Sketch.
医療や電力、食料、避難所などのエコシステムにおける複雑な相互依存を地域別に把握し、緊急事態発生後の復旧をスピードアップ
  • 地域で起きている地震の影響をほぼリアルタイムで評価
  • 迅速に被害状況を認識し、基幹インフラを分析
  • 地域への影響をグループ別に表示
  • より多くの命を救えるよう、資源に優先順位を付与
パラダイムのシフト
One Concernは、AIを活用した災害レジリアンス達成を目指し、災害に対するパラダイム変革をリード。人命や資産など市民の生活を守り、より懸命なインフラへの投資を可能にします。
長期的な災害レジリアンス
One Concernのクライアントは、自然現象、危機管理や独自の知識などをAIや機械学習と一体化させるという統合的なアプローチを採用することで、よりスピーディーに安定性のある災害レジリアンスの構築に取り組んでいます。
あなたも参加しませんか?
テクノロジーや社会に対する善意あるアプローチで、地球規模の災害レジリアンスを共に目指しましょう。
人類のためのテクノロジー
長期的な災害レジリアンスの構築
将来の災害に備えた地域づくりに貢献
長期的な災害レジリアンスの構築

One Concernのテクノロジーは、サンフランシスコとロサンゼルスで初めて採用されました。今後は、世界規模で災害に対する意識改革へ貢献することで、気候変動や自然災害の増加に際して適切に対応できるよう、長期的な災害レジリアンスの構築へ向けて前進することを目指します。

ケーススタディの一例
「Seismic Concernのおかげで、さまざまなリスクを総合的に把握し、被害軽減策をまとめ、コミュニティのレジリエンスを高める必要があると痛感しました。」
ダニエル・ギオーソ氏、ウッドサイド防火地区消防署長
デジタル形状情報
One Concernのテクノロジーは、小さな岩から建築物、そして大都市にいたるまで、あらゆる天然・人工の要素に独自の検証済みの「デジタル形状情報」を割り当てます。そして地域的なデータから構築され世界規模にマルチスケール化された、あらゆる影響範囲にまたがる複雑なシステムをモデル化しています。ハリケーン到来前の数日間や、地震直後の数分間、あるいは災害レジリアンスのあるコミュニティを構築するための20年計画など、あらゆるタイムスパンにおける洞察を提供します。
One Concernは現在 12076661 件の家屋建物と 651917 件の商業ビル、そして 36000000 人の命を守るために地震をモニターしています。
災害発生前
災害発生中
災害発生後

地域に特化したシナリオ分析により、人工および自然環境の緩和策に関する想定分析が行えます。現実的なシミュレーションを通じて、どうすれば市民の生活を守ることができるかをテストし、不確実な状況下での複雑な意思決定における損失評価を可能にします。

被災リスクや被害に遭い易い地帯などの現実的なシナリオを作成し、関係者間の調整、関与、知識の共有を可能にすることで、危機な状況に備えます。災害はそれぞれ違いますが、One Concernのプラットフォームは、最良の実践例を取り入れ、主要な行動を記録し、知識を積み重ねていくことで、災害に十分に備え、適切に対応できるよう支援します。

お問い合わせ
お問い合わせ