テクノロジー

科学者と技術者による
グローバルな災害レジリエンスの構築

「デジタルツイン」の構築

物理空間における自然環境、建物やライフラインなどの人工環境、そしてそれら全てを捉える基本的なアーキテクチャを仮想空間上に再現。災害の直接的かつ、波及的な被害の分析、つまり、複雑なシステムやインフラのネットワークの全てのレイヤーに波及していく被害の分析が可能になります。
洪水、地震に始まり、パンデミック被害予測と、One Concernのマルチハザードに対応するテクノロジーは、絶えず進化しています。

災害科学

最先端の災害科学とAI/機械学習を融合

Political map of San Francisco

災害というのは、一つとして同じものは存在しません。従来の災害リスク評価では、その視点が欠けており、特定の事象や特定の瞬間を捉えた相関的な仮定や更新頻度の低いハザードマップに依存しています。

One Concernのテクノロジーは、各事象、時間、位置情報に基づいた予測を局地的かつ動的に視覚化する革新的なアプローチをとっています。
構造工学、地震工学、流体力学、大気科学、気象科学、リモートセンシングといった、自然科学と災害科学の知見に基づいたアルゴリズムを中核とするプラットフォーム上に構築されています。また、最新のデータをもとに学習、進化、拡張をする高度な機械学習モデルを構築し、災害アルゴリズムを強化、拡張しています。

Storm Surge Predictions for Hurricane Dorian

READ ARTICLE

Impacts to businesses in the Bay area from 3 earthquake scenarios

READ ARTICLE

データサイエンス

災害レジリエンスは、データから始まります。

Hexagonal shapes shown on map of Kumamoto

構造化/非構造化型データを様々なデータソースから収集し、従来のサイロ化された(分断された)システム内のデータ群を共通データスキーマとして統合の上、自社構築モデルに取り込んでいます。

これらのデータは、オープンソースプロバイダーや民間企業、お客様から提供されます。
取得したデータの補完や、被害予測モデルの開発には、AI/機械学習機能が活用されています。

Using StreetView data for identifying soft story buildings in San Jose

READ ARTICLE

地球規模で

災害レジリエンスの構築に取り組んでいます。